深雪おんがく教室ニュース

第18回アールンピアノコンペティション 結果

先日、中村文化小劇場で行われたコンクールで2年生の方が全国大会に行けることになりました。
おめでとうございました!
 このコンクールは1日で、予選~本選~エリア大会と進むユニークなコンクールで、同じ審査員の前で数回演奏することとなります。
審査員の講評を読ませていただくと、確実に後の演奏の方が出来が良かったようで、舞台経験の大切さがわかる結果となりました。
 コンクールといっても、今は本当にたくさんのものがありレベルや目的も様々です。
子供のコンクールは賛否両論ありますが、人前で弾ける機会は多いほうが良いことは間違いありませんから、コンクールを利用しながら成長していけばよいと思います。
 さて、今回の生徒さんは3歳からこちらの教室で習われた方ですが、初めのレッスン時から驚くほどの集中力をみせてくれ、毎回言われたことはほとんどマスターしてきてくれました!
まだまだ2年生という幼い生徒さんですが、彼女を支え見守るご家族の愛情の深さがそのまま彼女の音楽に伝わっていることを感じます。
これからもまっすぐに歩んでいってください!