深雪おんがく教室ニュース

謹賀新年2017

 あけましておめでとうございます!
本年も良い年になりますように!
 
昨年も生徒さんたちとたくさんの舞台を経験することができ、刺激のある年でした。舞台という目標を立てることによって、子供たちは本当に大きく成長してくれます。それが良い結果であれ、その時にはよくないと思っていた結果でも、後になってみれば あの時の失敗があったからこそ今がある、と思えることもあります。だから一時の結果に惑わされることなく、自分が3年後5年後10年後と・・・こうなっていきたいという目標を立ててほしいです。
諦めるのはすぐにでもできますが、継続することは努力がいります。
 
さて、日ごろ子供達の声を聴いているといろんなことを感じます。
体調、機嫌、性格、心配事、嬉しいこと、怒っていること・・・声というのは不思議で、多くのことを人に伝えることができます。
同じ曲を歌っても、その音色で人に伝えることができる子と自分だけで歌っている子では全く別の曲のようです。
それは表現する人のイメージだったり、気持ちだったり、数字や理屈では表すことができないものだと思っています。
だからこそ、子供のころか想像力を養い壮大な夢を音に変えていける子供たちを育てていきたいと思っています。

 高い声、大きい声が出ることがいい歌手ではありません。
 速く動く指を持つことがよいピアニストではありません。
曲のイメージを的確につかんで音色にできることが良い演奏家だと思います。

 今年もどんな素晴らしい演奏に出会えるか楽しみです!